2017年3月29日 (水)

『日本名曲アルバム』の神野美伽と山田姉妹

 僕は、BS-TBSの『日本名曲アルバム』が好きです。この頃の知ってる範囲の音楽番組の中では一番好きだと言ってもいいくらいです。

 まあ、競争相手が少ないので大して高くない頂なのだが。

 西洋クラシックの声楽畑の人たちが、日本の歌謡曲や、外来ポップスを歌うというミスマッチというのかグッドマッチと言うのか。たまにある「これは合唱は合わないなあ~・・・。一人選抜してソロで歌って欲しかったなあ~」という“失敗”も含めて好きですよ。

 そんで、この番組のゲスト歌手に、最近神野美伽がよく出てる。

 これが全然心地良くない。

 歌は、もちろん下手ってことはなく、どこをとってもうまいくらいなのだが、全然心地良くない。

 演歌の人がこの番組に合わないのかと言うと、他の演歌歌手も出ているのだから、そういうことでもないだろう。

 多分、曲に対しての歌声の選択と、歌い方の選択を間違っているんだと思う。

 まあ、そういうのは、漫画原作がアニメになった時の「俺が思ってた声と違う!この声優じゃないだろ~・・・!」ってのと同じことなのかもしれない、し、違うことなのかもしれない。

 もちろん、この番組以前から神野美伽は知ってて、全く否定的な感想を持ったことはなかったのだが、この番組で見るたんびに神野美伽のことが嫌いになっていってます。

 僕に対する「神野美伽嫌いにさせ作戦」大成功の番組です。

 まあ、今日は山田姉妹が美しかったので、とんとんてところにしておきましょう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 8日 (日)

つぶやかない仲道郁代

 今日の『クラシック音楽館』の「コンサートプラス」では、私の大好きな仲道郁代の「仲道郁代 ショパンを弾く」というのをやっとって、

 ショパンが生きていた当時の“プレイエルピアノ”と現代のグランドピアノを弾き比べるというのをやっとったんじゃけど、それは面白い試みだとして、

 わしがふと思ったのは、仲道郁代と言えば弾きながら旋律を口ずさんじゃって、ピアノだけじゃなく声まで聴こえてきちゃう、というのが私の中の仲道郁代なんじゃけど、

 今日は口ずさまなかったなああ~。声聴こえてこんかった。この頃はそうなのか。それとも、今日だけかな。

 また仲道郁代の口ずさみを聴いてみたいこの頃です。

 ちなみに番組のメインはN響コンサート第1847回定期公演で、グレツキの「悲歌のシンフォニー」でした。指揮、デーヴィッド・ジンマン。ソプラノ、ヨアンナ・コショウスカ。ご多分に漏れずCD持ってます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 5日 (水)

『日本名曲アルバム2時間スぺシャル「ふるさとの歌&ヒット歌謡!麗しき昭和の乙女心」』(BS-TBS)を見た。

 昨日の『日本名曲アルバム』、

 「ふるさとの歌&ヒット歌謡!麗しき昭和の乙女心」の乙女心の方が、すんごい良かった。

 主に80年代70年代のアイドルバラードが多かったような気がするが、

 まあ、バラード大好き青少年にとってはここら辺の時期が一番の急所なのかもって気がしました。アイドルに限らず、「洋楽」も含めて。

 (90年代以降は、素人まで「Aメロ、Bメロ」とか言い出して、サビはハイトーンにしときゃいい、ってゆう作り方になっちゃうからなあ。)

 色んな時代、色んなジャンルの音楽が僕のド真ん中ではあるけれど、

 これも確実にド真ん中だなと、確認しました。

 「まちぶせ」「けんかをやめて」「春なのに」「探偵物語」「さよならの向う側」など。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月25日 (日)

鳥井さきこと加川良と大杉漣フォークキャンペーン

 この一週間はいったい何だったんだ。どっかでフォークソング週間キャンペーンでもやってたのか?!

 『なぎら健壱のフォーク大集会』は、不定期でやってるから今週あっても通常だとしといて、

 『今日は一日“フォークソング三昧”』があったし、

 とどめに、「鳥井さきこ」の名前をとうとう知ってしまった!

 2年前に放送してた『夜汽車紀行 ~大杉漣が行く 酒と涙のノスタルジック旅情~』を途中から見て、その時出てた歌い手に魅了されたが、

 名前も分からず、プロなのかアマチュアなのかも分からなかったが、

 テレビの番組表で再放送を見つけて、今度は確実に見逃さず見たぞ!

 鳥井さきこ、素晴らしいよ。大杉漣とは加川良のコンサートで知り合ってたってよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月22日 (木)

アイドルネッサンスとBAND PASSPO☆の「少女飛行」

 アイドルネッサンスとPASSPOの"バンドコラボ"「少女飛行」をBSフジで放送しとった『TOKYO IDOL FESTIVAL 2016~新章開幕~総集編』で見て、

 やっぱり自分らで楽器弾いてる人らが好きだな、と改めて確認しました。

 たとえ下手だとしても、チューニングがあってないとしても。

 「上手なカラオケより、下手な生演奏」!

 ところで今、NHK-FMで『今日は一日“フォークソング三昧”』を聴いてるけど、

 なぎらさんの出だしの話からすると、「フォーク三昧」って今までやってなかったんだっけ??結構何年もやってるシリーズなのに。ヘヴィメタルとか、プログレッシブロックとか何回もやってるテーマもあるのに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月12日 (月)

『ドキュメンタリーWAVE ジャカルタ・パンク インドネシア 抑圧された人々の叫び』(BS1)

 マージナル。
 日本で「ロック」と言いたがってるのは、ただの体制側・主流派ポップスであることがほとんどだけど、当然この世のどこかにロックはあるのだ。
 西森マリーさんがソ連が無くなった時だったか、「これから本当のロックが出来るのは北朝鮮しかないかもね」と冗談交じりで言ってたけど、北朝鮮じゃないとこにもありえるのだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月20日 (水)

『大瀧詠一ソングブック』を見た!

 去年の3月に放送された『大瀧詠一ソングブック』(BSプレミアム)の録画しとったのをやっと見たんじゃけど、

 清水ミチコが渋谷のじゃんじゃんに出演した時の話なんかな?大瀧詠一に「おまえは分からないかもしれないけど、ビーチボーイズのブライアン・ウィルソンのコンサートに行くのをやめて、おまえの方を見に来たんだからな!」って言われたって話、いい話だなあ~~~~、と思って聞きました!

 それにしても太田裕美かわいいなあああ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月13日 (水)

『日本名曲アルバム 放送150回記念コンサート2時間スペシャル』(BS-TBS)を見た!

 演奏前のコメントの「私達の大好きな曲を振っていただけたので~」っていうのからすると自分らで選曲したんじゃないようだけど、

 Ensemble OASISの選曲が好きだったなああ。こないだ通常番組でも流れたばっかだけど、「バス・ストップ」はほんと好きだなあああ。

 合唱団によっては選曲が唐突な感じがしたのは、普段の番組ではテーマがあって、このコンサートではその括りが無いからかな?

 そして、桐朋学園大学TOHO Amiciの女性合唱で聴く「遠い世界に」が美しかった!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月19日 (日)

西山瞳NHORHMとBABYMETALとHelloween

 NHK-FM「セッション2016」で「西山瞳NHORHM」!
 事前に曲目リスト見てて「THE ONE」てあったのは、メタリカのONEのことかな?それとも・・・、と思ってたらBABYMETALの「THE ONE」だった!

 そんで、アイアン・メイデンの「Fear Of The Dark」や、レインボウの「Man On The Silver Mountain」が選曲されてる中、

 ハロウィンやアングラの曲もやってた!!!!

 僕はHelloween好きだし、日本にはハロウィンファンが多いのも知ってるけど、アメリカではこうゆう“歌謡曲的”なメロディックスピードメタルは受けがよくないらしいよね。

 そこんとこが関係してんのかな?

 BABYMETALの代表曲の「イジメ、ダメ、ゼッタイ」とか他数曲も完全にHelloween始めとするジャーマンメロディックスピードメタルの影響受けてるXから本歌取りしてるような曲だろうに、「ハロウィン」の名前を出さな過ぎじゃないか??

 BABYMETALが好きなバンドとか影響受けてるバンドなんかをインタビューで聞かれる時などに。(インタビューは裏方スタッフにコントロールされてることで有名なBABYMETALですが…。)

 わしはよく分からんけど、X指示者の間では「Helloweenの影響受けてるでしょこれ」なんて話は禁句なのかな??

 それか、「紙芝居」にわしが知らないとこにカイ・ハンセンの似顔絵が描いてあったりするのかな?!

 そこんとこの事情はよく分かりませんが、西山瞳NHORHMがちゃんとハロウィンやANGRA(ブラジル)も選曲してて嬉しいです、僕は!“ちゃんと”と言うのかなんなのか分かりませんが。

曲目「C Jam Blues」「Walk」「Upper Levels」「Fear Of The Dark」「In The Dead Of Night」「THE ONE」「The Halfway to Babylon」「All Over The Nations」「Man On The Silver Mountain」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『青春名曲グラフィティ~僕らのポプコンエイジ~』を見た!(BSジャパン)

 まだ音楽のインターネット配信販売が定着する前、レコードCD屋に機械が置いてあって、その機械で空のMDに録音して販売するというのがあって、

 それで中学生の頃に聴いて心から離れなかった“さそり座”の「窓ガラスのへのへのもへじ」の音源をやっと手に入れることが出来た。

 そん時についでに買ったのが相曽晴日の「コーヒーハウスにて」など。それは曲聴いたこともなくって、顔も知らなくって、いいらしいって話を聞いたことがあるってだけで買ったのだけど、その後CDでも買ってしまいました。

 そんで今日、BSジャパンで『青春名曲グラフィティ~僕らのポプコンエイジ~』というものをやっていた!ポプコンてテレビ東京でやってたの??

 「ポプコン」てイベントがあったってのは話でしか知らないのだけど、ポプコンて言葉を聞くと番組を見ちゃうくらい惹かれます。

 インターネット上ではよく芸能人が年取ってくると、「劣化が激しい!」って見た目について悪態が書かれるけど・・・、小坂明子!「あなた」声の劣化が激しすぎです・・・。

 その次に出て来たのが相曽晴日で、どうだろうと構えたら、素晴らしき歌声でした。初めて見た相曽晴日。

 もう一つ楽しみだったのは、柴田まゆみの「白いページの中に」です。

 岡村孝子かわいかった。

 「サルビアの花」もポプコンなの!?

**********
 昨日のYOUTUBE投稿
「カープが悲しく負けた時に聴くピアノ曲、それは宮島さんハ短調 」
https://www.youtube.com/watch?v=J2NNQxzCId4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧