« つぶやかない仲道郁代 | トップページ | 『日本名曲アルバム』の神野美伽と山田姉妹 »

2017年2月 2日 (木)

カーリングにイチャモン『第34回カーリング日本選手権』

 今、「第34回カーリング日本選手権」をやってますね。

 僕は、「オリンピックで盛り上がってますね~」じゃない時もずっと何年もカーリング中継見てるので、カーリングの試合見るの好きな方だと思うのですが、

 そんな僕でもカーリングにつまんないな~、と思う所がありまして、

 それは、「ブランクエンド」、0点を目指すところですね。

 スポーツは大概、点が入るとこが面白いのに、0点目指すって。

 1エンド15分くらいだと思いますが、0点目指すのが始まると、それから15分くらいずっと何も起こらない時間が続くのでつまんないんですよね。

 それって、「点が入らないと、先攻後攻そのまま」ってゆうルールだからそうなるんだと思うけど、

 例えば「点が入らないと、先攻後攻入れ替え」とか、常に点を取りに行くようになるルールに変えたらどうなっちゃうんでしょう?

 あと、点差がついて後半だと、勝ってる方が石を溜めないように「スルー」するってとこも、つまんないんだよな~。

 今ある「リードのうちはガードストーンが打ち出せない」ってルールって、試合を面白くするために取り入れられたルールですよね?

 だったら、「リードのうちはスルーしちゃダメ」みたいなのも面白くするためにはあってもいいんじゃないか、とも思いました。

 「点を取りにいかない方が得」というルールよりも、「点を取った方が得」ってゆうルールの方がスポーツは面白いに決まってるんで、どうなんじゃろうと思ってみました。

 以上、ただの観戦ファンの思い付きでした!

 あ、それと札幌学院大学の夏井坂真由、かわいいね!声が特徴あるんで声優になるといいと思う!(…これも無責任な思い付きでした!)他のシートの中継でも声で、隣り辺りで札幌学院大がやってるって分かる。

|

« つぶやかない仲道郁代 | トップページ | 『日本名曲アルバム』の神野美伽と山田姉妹 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カーリングにイチャモン『第34回カーリング日本選手権』:

« つぶやかない仲道郁代 | トップページ | 『日本名曲アルバム』の神野美伽と山田姉妹 »