« 2016年10月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月 8日 (日)

つぶやかない仲道郁代

 今日の『クラシック音楽館』の「コンサートプラス」では、私の大好きな仲道郁代の「仲道郁代 ショパンを弾く」というのをやっとって、

 ショパンが生きていた当時の“プレイエルピアノ”と現代のグランドピアノを弾き比べるというのをやっとったんじゃけど、それは面白い試みだとして、

 わしがふと思ったのは、仲道郁代と言えば弾きながら旋律を口ずさんじゃって、ピアノだけじゃなく声まで聴こえてきちゃう、というのが私の中の仲道郁代なんじゃけど、

 今日は口ずさまなかったなああ~。声聴こえてこんかった。この頃はそうなのか。それとも、今日だけかな。

 また仲道郁代の口ずさみを聴いてみたいこの頃です。

 ちなみに番組のメインはN響コンサート第1847回定期公演で、グレツキの「悲歌のシンフォニー」でした。指揮、デーヴィッド・ジンマン。ソプラノ、ヨアンナ・コショウスカ。ご多分に漏れずCD持ってます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年10月 | トップページ | 2017年2月 »