« 日本のマスコミさん、おめでとう "It is completely ridiculous !" | トップページ | 11PMの高石ともや »

2011年2月20日 (日)

木綿のハンカチーフはもう弾けないけれど。

 “日本を代表する老舗の音楽番組”『題名のない音楽会』にマーティ・フリードマン。クラシックmeetsロックでプログレッシブロックでELPでタルカスで、山田五郎も登場で、吉松隆。
 『題名のない音楽会』を見るとよく思うのは、こんだけしゃべれる人、演奏できる人を呼んでおいて、こんだけの扱いで終わり?ってゆうもったいなさ。今日のでゆうと、プログレッシブロックに関してはむちゃくちゃしゃべれる山田五郎呼んでおいて、しゃべるのそんだけ?マーティ呼んでおいて弾くの一曲だけ?というの。あれは、放送しとらんだけで、会場ではもっとお楽しみをやっとるんでしょうか。

 『クラシック倶楽部』「N響コンサート」で小菅優、ベートーベン・ピアノ協奏曲。チャイコフスキー「交響曲“マンフレッド”」。

 『LMC』の11、ブラーとかステレオフォニックスとかコアーズとかプロフェッショナルマーダーミュージックとかかかるけど、最後にポルノ・フォー・パイロスがかかったら全部もってっちゃうというインパクト。

 『GUITAR STORIES』の5回目にSHOGUN芳野藤丸。クリーントーンがいいなああ。YAMAHAパシフィカ。バラードに感動。
 6回目は渡辺香津美の2回目。ギブソンのピックアップP90ってよく聞くけど、どうゆうものなん。
 裏のBS11『MUSICA~音のおもてなし~』にはチャー。

 『ポリス:スタジオ・ライヴ』ドイツBEAT CLUBの。いつの?アンディ・サマーズのテレキャスが切れる。

 『ロング・イエロー・ロード』秋吉敏子が上海に。ルー・タバキンのフルートと中国琴のファン・ランのデュエット即興がいいです。

 香港の『カンフー少女』(2006)を放送しとって、断片的にちらちら見とったんじゃけど、面白いなあ、やっぱりカンフー映画は。機会あればちゃんと頭から見たい。セシリア・チャン、レオ・クー、ユン・チウ、ユン・ワー。

 『柳家喬太郎の粋ダネ!』に団時朗。新マン!帰ってきたウルトラマン。「怪獣使いと少年」。橘家蔵之助「佃島」。

 『BSアーカイブス名作選 HVSP「マルタの猫~地中海・人とネコの不思議な物語~」』

 『日曜美術館』でブリューゲル。

 『中学生日記』に中島ひろ子!「帰らない母」。高山青空、ザ・たっち、渥美裕佳、作・山本雄史。

|

« 日本のマスコミさん、おめでとう "It is completely ridiculous !" | トップページ | 11PMの高石ともや »

コメント

吉松隆の才能の無さがわかった。
タルカスがあれだから交響曲等も想像がつく。

投稿: うーたん | 2011年2月22日 (火) 13時05分

ロック、ポップスをクラシックオーケストラでやると、たいてい「元はポップスなんだなああ・・・」という感じになりますね。

投稿: 椛磔 | 2011年2月22日 (火) 22時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 木綿のハンカチーフはもう弾けないけれど。:

« 日本のマスコミさん、おめでとう "It is completely ridiculous !" | トップページ | 11PMの高石ともや »