« それよりもっと歌うべきこと。佐井好子。 | トップページ | 「明日にのばせることを今日するな」安孫子素雄。 »

2010年5月25日 (火)

伊集院光の正しさ ミュージックコンクリート

 『スコラ 坂本龍一 音楽の学校』にとうとうオーネット・コールマンが登場した。ジャズ編最終回。おそらく初めてであろう、その音を出してみた中学生や高校生が、本当にみんな楽しいと思ったのかってのを聞いてみたかったな。わしは、ジャズ的な音に慣れてない頃は、感動しながらも「あ、音が間違ってる」って感じてたけどな。そのたぐいの感じはあっただろうか。その場のまとめは「ね、楽しいでしょ」ってことになっとったけど、中にはつまんないと思ってやってた人もいるだろうか。その音を出しとる人らの気持ちとは関係なく、聴いてる側にとって秀逸なのは、プロの演奏じゃほとんど見る機会のない人数での音の塊。

 もう一つおまけに坂本龍一。『題名のない音楽会』で「箏とオーケストラのための協奏曲」。沢井一恵の依頼で作られたそうで、箏も沢井一恵が弾いてますが、抜粋放送でしょうが、抜粋放送で聴くぶんには別になんてことない曲でした。それよりも、わしは『題名のない音楽会』をごくたまにしか見んから、レギュラー的に出とるんかどうか分からんけど、演奏しとる兵庫芸術文化センター管弦楽団の女性陣の服が色とりどりカラフルで、何割方かセクシー。ティンパニー・パーカッションの人なんか谷間がもろですよ。これはテレビ仕様でしょうか。男は普通に白スーツばかり。

 『N響アワー』で太平楽会コンサート。西村朗さんが「楽器だけで音楽が表現されてることにびっくりしたんじゃないか」という話をしとったけど、その感覚は、今のあくまでもどう転んでも歌が主役だってゆう歌謡曲まで途切れることなく続いていってるんですねえ。わしがよく、なんでそんなにあくまでも歌だけが主役なんだ!、ってゆっとるのなんか、むしろ西洋音楽に毒されとる奴の感覚なんだな。
 伊集院光がNHK-AMの番組聞いとったら「途中で曲かけたと思ったら、それがインストなんだよ!」ってゆうのを面白話として(しかも嘲笑型の)しとって、笑い屋役の放送作家?もちゃんとそこで同調して笑っとったけど、それでわしは、「それのどこが笑うところ?インストルメンタル曲をかけることのどこがおかしいところ?」と思ったけど、これはわしの方が間違いで、伊集院光の嘲りこそが日本人の正しい反応なんだな。

 『クラシック倶楽部』でモノオペラ「アンネの日記」の日本初演。天羽明恵。『クラシック倶楽部』は見にくい時間帯になってしまったので、かけらしか見られません。前の時間帯が良かった。
 「ベルリン古楽アカデミー」。

 『チャレンジ!ホビー めざせ!ロックギタリスト』は、「SMOKY」に挑戦しとりますが、サンプル演奏が良かったです。キーボード力石理江とかボーカルは増田英彦や。

 昨日聴いた盤は伊藤サチコ「さようなら、木」(02年)。

|

« それよりもっと歌うべきこと。佐井好子。 | トップページ | 「明日にのばせることを今日するな」安孫子素雄。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊集院光の正しさ ミュージックコンクリート:

« それよりもっと歌うべきこと。佐井好子。 | トップページ | 「明日にのばせることを今日するな」安孫子素雄。 »