« レイ・チャールズに広橋涼 | トップページ | すごい人とそうでもない人 »

2010年1月 7日 (木)

小津、おかえり吉井歌奈子、サム・クック

 吉井歌奈子が帰って来た!じゃあ、一瞬止めたのは何だったん??『INsideOUT』水曜日。今年最初の『INsideOUT』水曜は他の曜日のようでした。もしくは“地上波”。もしくはBSフジ・プライムニュース。こうなってくるとあんまり見る気しない。

 『ソウル・ディープ』の第2回は、「ゴスペルからソウルへ」。サム・クックとボブ・ディラン「風に吹かれて」の関係の話を初めて聞きました。「あれは白人がおれたちの歌を書いたんだ」。「あの曲はオレが書くべきだった」。

 『NEWSLINE』の今年最初のスポーツセクションにデーモン小暮閣下がゲストで出た!もちろん相撲についてのゲストですが、当然のように悪魔設定で、10万年も生きてきて・・とかいう話もそのまんまに。「His Excellency」と敬称をつけられて呼ばれてるのがアナウンサー(Hiro Morita)の方も「分かってる」なあという感じです。

 今週土曜、『世紀を刻んだ歌2』の「ボヘミアン・ラプソディ殺人事件」が再放送されるようです。確か、佳作です。西田尚美。見てみては。

 『知る楽 こだわり人物伝』で小津安二郎について語るのが始まった。語り手は立川志らく。奇しくも談志さんがよく使う「イリュージョン」という言葉を小津安二郎も使って映画の説明を。

|

« レイ・チャールズに広橋涼 | トップページ | すごい人とそうでもない人 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小津、おかえり吉井歌奈子、サム・クック:

« レイ・チャールズに広橋涼 | トップページ | すごい人とそうでもない人 »