« 庄司紗矢香づくし | トップページ | 通信販売は90年代、コントになったが、そのコントはまだ笑えるか? »

2009年7月 1日 (水)

『INsideOUT』見ててスッキリしたこと。

 昨日、一昨日見た『クラシック倶楽部』は、「大村博美&甲斐栄次郎演奏会」。「イザベル・バイラクダリアン ソプラノ・リサイタル」。甘ったるいポップスがいいです。ガーシュイン・メドレー。
 今放送しとるのは「腰越満美・佐々木典子・澤畑恵美 3人の夕べ」。いい。ヘンリー・マンシーニ。

 「三権分立」って、おかしいんじゃない?立法と行政ってがっちりつながっとるじゃん、とわしは長いこと思ってて不思議に思っとったけど、『INsideOUT』月曜で菅直人民主党代表代行が、学校で教えてる「三権分立」が間違った解釈なんだという話をしとった!長年の疑問が『INsideOUT』ですっきり!
 例えば、予算委員会なんかでも自民党の議員が内閣に対して「質問」に立って、この政策はいいですねえ、いい法案ですねえ、って褒め合ってるだけみたいな「質問」見て、「何これ?」「何これ?」「この時間は必要なん?」「身内で褒め合うだけならおうちでやっとけばいいんじゃないん?」て、なんかよくある雑誌やテレビの対談で“才能ある”2人が互いにべた褒めしあってるんじゃけど、その“才能”がたいして“才能”に見えない外野からするとすごく奇妙な記事に見えてしまうという、ああいう感じに思っとったんじゃけど、そうか、学校のテストなんかでも「司法、立法、行政が分かれてるのを何と言いますか?」「三権分立」って書いて丸をもらってたような記憶があるけど、学校で間違ったことを教わっとったんだな。スッキリ!

 広島ホームテレビの『アグレッシブですけど、何か?』は、番組として特におもしろいというわけじゃないけど、今週・来週放送してる「ローカルMCサミット」っちゅう企画はおもしろいです。各地方地方には、その土地でしか有名じゃないタレントがいると、そのタレントたちが一堂に会し“地方タレント”の行く末を話し合うという。
 これ、東京の局が“幹事”でやってるのもありえそうな企画じゃけど、しかし東京が「僕たちは君たちより上だけどね」って感じで仕切るのとじゃあ、あきらかに違う味が“ローカル”間でやってることによって出る。もちろん、この場合、大阪も入れちゃいけない。宮城・ワッキー貝山に山口・スペース佐藤に岩手・ふじポンに愛媛・らくさぶろう、それと広島は中島尚樹。“東京タレント”彦摩呂みたいな完成度のワーキー貝山よりも山口、愛媛に魅力を感じたら、そりゃもうあなたはこの世界にどつぼでしょう。ふじポンに「脱ぐ?」と言われたら「脱いで!」とレスポンスしそうなもんです。
 ところで、番組始まった頃から思ってることで、『アグレッシブですけど、何か?』という題を聞くとおぎやはぎがまず浮かんでしまって、それが“パクリ”的な印象でわしにはマイナスに働いとるんじゃけど、それは他の視聴者には関係なく損にはなっとらんのでしょうか。

|

« 庄司紗矢香づくし | トップページ | 通信販売は90年代、コントになったが、そのコントはまだ笑えるか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『INsideOUT』見ててスッキリしたこと。:

« 庄司紗矢香づくし | トップページ | 通信販売は90年代、コントになったが、そのコントはまだ笑えるか? »